トランスワードトロフィー2022【ボートレース住之江】

トランスワードトロフィー

威風凜凜!イン戦巧者集結!

威風堂々のイン姿は前本泰和

「イン戦巧者集結!BTS大和ごせ開設8周年記念・トランスワードトロフィー2022」は1月29日から2月1日までの4日間シリーズ。インデータに長けた選手が多く配分されており、短期決戦の行方が楽しみ。

その中でも昨年2度目のSG制覇(グランドチャンピオン)を成し遂げた前本泰和がダントツの存在感。個性派というには穏やかな走りだが、「継続は力なり」を実践するタイプで、今やG1、SG戦線の中でも優勝クラスの評価。コースは取る、エンジンは出す、さばきは確実…と、戦いのピースがすべてハマって、大一枚岩のような安定感を見せている。短期決戦でも問題なく実力発揮して堂々のV候補へ。

地元期待は田中和也。A2、A1を繰り返すなど、ムラ駆けの要素が多分にあったが、最近は6期連続でA1をマークし、記念参戦するなどワンランク昇格の状況。一般戦では堂々の優勝候補で、今年もなにわのVハンターとして注目したい。

あと、白石健、濱崎直矢、永田啓二、岡村慶太が初日ドリームメンバー。いずれも記念戦まであと一歩という選手ランクだが、4選手とも持ち味は天性のスタート力。そこから自在に繰り出すハンドルワークの切れ味も上々。住之江で好印象は白石で、常に快速イメージを求めてピットを走り回っている。舟券的に魅力なのは岡村で、ここ一番の攻め迫力は群を抜いている。

もうひとり優勝候補は重成一人。長期欠場、出走不足でB2ランクに甘んじているが、SG、G1戦線復帰は時間の問題。一から再出発のレースは1走、1走に全力集中の状況だ。A2ランクだが、芝田浩治、都築正治、森定晃史は水面巧者のイメージ。特に芝田は参加すれば優勝という時代もあった。

ツイッター優勝者当てクイズ

スペシャルキャンペーンとして優勝者を当てるとクオカードが当たるキャンペーンを開催します。

今節出場選手の中から優勝選手を予想し、見事的中すると抽選で30名様に特製クオカードをプレゼント!

応募締切は2022/1/31となりますので、期間内にぜひご参加ください。

口コミ