トーキョーベイカップ2021について【ボートレース平和島】

ボートレース平和島

東京市部は負けられない戦い

濱野谷が16年ぶりの大会制覇へ
当地では秋にSGボートレースダービーが開催される。4月9日時点、地元の東京支部は、濱野谷憲吾(東京)、石渡鉄兵(東京)、長田頼宗(東京)が出場圏。山田哲也(東京)、村田修次(東京)、中野次郎(東京)は勝率アップが必要で、今シリーズ含めて7月末までの選考期間内は一走も無駄にできない。
67周年に目を移して、優勝戦線の中心は現役最多の当地19Vを誇る濱野谷だ。3月唐津Vで24場制覇達成、さらには4月大村G1ダイヤモンドカップで優勝と好調。東都のエースに16年ぶりの大会制覇を切望せずにはいられない。今大会でV歴のある長田、中野にも注目したい。
遠征勢も豪華メンバーがそろった。昨年のSGグランプリ出場組が実に9人参戦。優勝戦まで駒を進めた松井繁(大阪)、西山貴浩(福岡)、平本真之(愛知)は、今年も調子が良くここも優勝争いを演じる。
トライアル2ndから優出を逃し悔しい思いをしたのが毒島誠(群馬)、篠崎仁志(福岡)、深谷知博(静岡)の3人。毒島と篠崎は3月の福岡SGクラシック優出と今年もSG戦線の中心的存在で、深谷も昨年を超える活躍を期待したい。
66周年に続く連覇に挑む瓜生正義(福岡)や、徳増秀樹(静岡)、前本泰和(広島)のマスターズ世代もモーター出し、レース戦略と地力が違う。
今年再起を誓うのが、昨年のSGグランプリは不出場に終わったが優勝経験のある石野貴之(大阪)、桐生順平(埼玉)の2人である。石野は3月福岡SGクラシック制覇、桐生は2月多摩川G1地区選優勝と軌道修正に成功している。
若手では丸野一樹(滋賀)が覚醒中。今年は1月尼崎、3月若松のG1周年Vに、1月唐津G1周年・4月津G1周年にも優出と破竹の勢いがある。トップ戦線でも活躍が光る磯部誠(愛知)や、急上昇中の上村純一(群馬)も面白い。永井彪也(東京)、栗城匠(東京)、宮之原輝紀(東京)も地元で完全燃焼する。

常勝モーターはこれだ!

平和島の現行モーターもおよそ10カ月が経過し、機力相場もハッキリとしてきた頃です。
データを問わず記者イチ推しのモーターも3基ピックアップし、データだけでは分からないモーター素性を紹介します!

【27号機】
足は全部良いが、特に回って直線を向いてからの加速感は他の追随を許さない。力強さを最大にアピールしたのが、森世里(滋賀)の初優勝をアシストした3月のヴィーナスシリーズだ。優勝戦は2コースからスタート後手を踏み、3コースにまくられる絶体絶命のピンチ。しかし、グリップを利かせマークを小回りするとバックではグイグイと突き抜けた。4月の優勝戦で事故があり影響は気になるが、実力者がそろう一戦でどう仕上がるか楽しみだ。

【56号機】
とにかく出足系統が良く、競り合いに強い。もちろん伸びも中堅以上の動きがある。夏から秋にかけて4節連続優出と存在感を示し、昨年のSGグランプリの中でも全体的に足は良く、手にした菊地孝平(静岡)が動きに納得していた。最近も気配は良く、3月のルーキーシリーズでは中村魁生(大阪)が逃げ以外で4勝と、展開をしっかりと突ける舟足、操縦性がある。次節の古場輝義(大阪)も逃げ2勝以外に3勝を挙げ、コースを問わない活躍に期待が持てそう。

【14号機】
合えば出足、伸びともに抜群だ。使用当初、若手の佐藤悠(福井)が強烈な伸びで一躍脚光を浴びた。昨秋の66周年では、篠崎仁志(福岡)がバランス良く仕上げて優出と、上位機が集まる中でも動きの良さは実証済みだ。やや低調な時期もあったが、4月に入り岡部大輝(東京)が予選4連勝で1位通過の活躍と再浮上。道中で相手を握って競り落とす力強い走りは、インパクトがあった。G1級の選手ならば、しっかりと合わせて活躍必至である。

Return to 50 電投キャンペーン

当キャンペーンに事前エントリーし、G1開設67周年記念トーキョーベイカップ開催期間中にボートレース平和島で電話インターネット投票された方の中から抽選で合計50名様に総額120万円をキャッシュバック!
投票金額に応じて賞金がアップするので、買えば買うほど高額当選のチャンス!

・5万円以上購入で10万円(5名)
・3万円以上購入で5万円(5名)
・2万円以上購入で3万円(5名)
・1万円以上購入で2万円(5名)
・5000円以上購入で1万円(10名)
・3000円以上購入で5000円(20名)

エントリーはこちらから
http://www.heiwajima.gr.jp/tok/21tbc_dento/

口コミ