ヤングダービー2021【ボートレース徳山】

ヤングダービー

鮮烈に、大胆に、突き進め!

優勝に一番近い選手は誰だ!

国の若獅子たちが集結するPGIヤングーダービーが、9年ぶりに徳山で開催される。地元で唯一人出場を決めた佐々木完太への期待は大きいが、GI初優勝ではなく、さらに先を見据えてオール6コースで走ると話す。

「誰もやっていないことをやって『佐々木完太』という名前をアピールしたい」という野望を胸に、佐々木の快進撃が始まる!

毎年、ニューヒーローの誕生に沸くPGIヤングダービー。今年は徳山で初開催となる。実力接近の大激戦の大会だけに、序盤から勢いに乗った選手が圧倒的に有利。そうなると調整面で有利となるのは当地実績が高い選手だ。

注目は村上遼(長崎)。GIIIウエスタンヤングに続き、7月の当地ルーキーSでVと実績、勢いとも抜群だ。近江翔吾(香川)も当地は4月にV。そのシリーズ準Vだった井上一輝(大阪)は、7月のルーキーSでも優出。ともに当地を得意にしている。

選出勝率ナンバーワンの上田龍星(大阪)、2位の上條暢嵩(大阪)の大阪コンビも堂々と主役を張る。上田は約1年当地出走はないが、昨年のルーキーS準Vなど苦手意識はない。念願のGIタイトルへ猛アタックだ。上條は今年既に2節、当地を走っていて、うち準Vが1回と水面相性も良く期待は高まる。

羽野直也(福岡)、仲谷颯仁(福岡)の福岡コンビも大暴れ候補。地元で孤軍奮闘の佐々木完太(山口)も見せ場を作る。

ヤングドリーム電話投票キャンペーン

選手がデザイン監修したオリジナルTシャツも当たる!

ヤングダービーをご購入された総額から2万円を一口として抽選で豪華なプレゼントが当たる!

応募はこちらから

ヤング★ドリーム電投キャンペーン

応募締切は9/26まで

オープン懸賞クイズ

山口県や周南市の魅力的な賞金が195名様に当たる!

【クイズ】

ヤングダービーが開催されるのは

ボートレース○○○○

○に当てはまるひらがな4文字をお答えください。

抽選で当たる商品がこちら

応募はこちら

「PG�第8回ヤングダービー」オープン懸賞クイズ

応募締切は9/26まで

口コミ