ボートレースダービー2021【ボートレース平和島】

ボートレースダービー

憧れの舞台が待っている。

峰が平和島SG連覇へ照準を合わす

峰竜太(佐賀)の平和島SG連覇に注目だ。昨年末の当地グランプリは狭い水面、深い進入、向かい風と決して楽ではない絶好枠から、コンマ01のスタートで押し切った。今年の若松SGオールスターではファン投票1位の人気に応え優勝と、ボート界最強の座は揺るがない。今大会も選考勝率1位から頂点に立ち、新たな称号を自身の経歴に加えるだろうか。

打倒・峰の一番手は白井英治(山口)だ。当地通算勝率8.39は現役1位と、好相性の水面で逆転を狙う。水面相性なら池田浩二(愛知)も負けていない。当地は2002年のダービーでSG初優出し、その後に2度のSGを制覇しておりドル箱水面だと言えるだろう。上野真之介(佐賀)は自身初のSGドリーム戦出場に気合い十分。大舞台でも外から1着が獲れる攻撃力は狭い平和島水面で威力倍増か。SG戦線で欠かすことのできない桐生順平(埼玉)はスピードターンで迫る。

初日ドリーム戦6号艇の濱野谷憲吾(東京)には地元ファンの期待が集まる。芦屋オーシャンカップで約14年ぶりのSG制覇と、完全復活した東都のエースが再び平和島SG獲りとなるか。レーサー人生2度目のF2で休みを控える松井繁(大阪)は、強い想いを持つSGグランプリへラスト勝負をかける。ダービー史上最多4Vを目指す瓜生正義(福岡)に、ダービー連覇に挑む深谷知博(静岡)にも注目が集まるだろう。

この時期の水面は向かい風が中心で、ダッシュ勢のカドが好気配なら積極的に狙いたい。

また、今年のSGはマスターズ世代にも注目したい。児島のグランドチャンピオンで前本泰和(広島)が約8年ぶり、蒲郡メモリアルで原田幸哉(長崎)が約12年ぶり、そして前出の濱野谷とこの世代の面々が久々にSGを制している。9月に住之江GⅠ高松宮記念で優勝し、好リズムの太田和美(大阪)は、勝てば約7年ぶりのSG優勝となる。

さらに今年のSGで注目したいのが、予選を18位で通過した選手の準優での好走だ。クラシックでは稲田浩二(兵庫)、グラチャンでは湯川浩司(大阪)が準優1着、メモリアルの丸野一樹(滋賀)は準優2着で舟券に貢献している。5月の当地GⅠ67周年も深谷が予選18位から優出しており、準優の大外枠に注目してみても面白いだろう。

ツイッターハッシュタグキャンペーン

抽選で100名様にSGダービーオリジナル歯ブラシプレゼント!

「#平和島ダービー」「#私の平和島必勝法」

を入れてあなたの平和島必勝法を引用リツイート!

電話投票キャンペーンは当サイトで別記事として公開していますのでそちらをご確認ください。

ボートレースダービー感謝祭!電話投票キャンペーン
合計100名様に総額200万円キャッシュバック! 当キャンペーンに事前エントリーし、SG第68回ボートレースダービー開催期間中にBOATRACE平和島で電話投票(インターネット投票含む)された方の中から、抽選で合計100名様に総額20...

口コミ