ボートレースクラシック2022【ボートレース大村】

ボートレースクラシック

目覚めよ、最強神話

初物づくしの22年クラシック?

長崎支部の意地を見せたい原田幸哉VS当地実績十分の白井英治と毒島誠

22年最初のSGはボートレースを初めて開催した大村で行われる。大村では初のクラシック。 ナイターのクラシックも初めてだ。青天のへきれき。地区選選手権の結果を受けて正式メンバーが決まったと思われたが、 突然の「峰竜太欠場」の知らせ。優勝争いは大激戦の様相となった。地元代表として強い気持ちで挑むのが原田幸哉だ。

当地ではGⅠ4Vの実績。長崎支部に移籍する前も2回勝っている。昨年はデビュー地の蒲郡でメモリアルV。 「今年は大村のグランプリが目標」と即答する。発祥地で初のグランプリに地元不在というわけにはいくまい。 第二の地元で気合が入る。優勝して早々とグランプリ出場を決めるか。

白井も大村はGⅠ2回を合わせて5回の優勝を誇る。とにかく当地ではスタートをバチバチと決めて、強い走りを見せてくれる。 ナイターキング毒島誠も19年メモリアルでV、20年ダービーでは準Vと大村では実績を残している。 どちらも舟足をトップ級に仕上げていた。このクラシックでも強さを見せつけるか。

昨年はSG初優勝者が不在だったが、クラシックは代替開催の東日本復興支援競走を含めると30人がSG初優勝を飾っている。 西山貴浩、丸野一樹らだけでなく、平高奈菜、 遠藤エミ、守屋美穂には女子初のSGVという夢も。 また、クラシックは一般戦からの勝ち上がり組の腕試しの大会でもある。SG初出場の中では藤山翔大の仕上げにも注目したい。

大村のイン1着率は一時期より下がったが、全国的に見れば強い。特に風が弱くて水面がいい時は逆らえない。 温水パイプが着いている時期は、夏場より伸びの差は縮まる。スタートがそろうメンバーなら「オオムラ春のイン祭り」だ。 出目としては1-5は回収率が高い。4カドが攻めて展開をズバッと突くのが5コース。長崎の「イチゴ」はおいしいよ。

優勝者予想投票

優勝者予想投票を受付中!優勝者を予想して投票しよう!

投票者の中から抽選で素敵な景品をプレゼントいたします。

投票後、プレゼント応募フォームに必要情報をご記入の上、お申込ください。

投票期間は3/15までとなり、抽選で100名様にクオカードをプレゼント!

ご投票いただきましたマイル会員様にはもれなく20ポイントプレゼント!

ボートレース大村 > SG第57回ボートレースクラシック
競艇発祥の地 大村競艇

マイルクラブ大村24新規入会キャンペーン

令和4年2月20日~令和4年3月21日の期間中、新規入会者全員に現金1,000円+300マイルをプレゼント!

さらに、期間中、5,000円購入者には抽選で、100名様に10,000円相当マイルをプレゼント

「マイルクラブ大村24」とは、インターネット投票で大村ボートレース場の舟券を購入することで、マイル(ポイント)が貯まり、現金を始め様々な豪華景品と交換することができるサービスです。

マイルクラブ大村24

口コミ